異文化に接することができるのが日本語教師の魅力

異文化を知ることは、海外に行かなければできないことだと思っていませんか。
日本にいてもそれができる職業があります。

日本語教師です。
日本語教師とは外国人や日本国籍であっても日本語と接触する機会の少ない人達に対して、日本語を教える仕事です。

言葉は文化の一つです。
文化の違う人たちに日本語を教えるときは、当然、日本文化に対する理解も必要です。

彼らが日本語を覚えていく中で躓く部分は彼らの自国の文化の考え方が影響していることがあります。

日本語教師の人気を今すぐチェックしよう。

日本語教師の仕事は、生徒たちを通して、文化の違いなどを感じていくことができます。


そこが仕事の難しさでもあり、魅力でもあります。
日本語教師というと専門の大学院を卒業しなければならないイメージだったり、他の外国語が堪能でなければならないというイメージがあるかもしれませんが、大学院を卒業していなくても、他の外国語が堪能でなくても仕事に携わることはできます。
もちろん、プロとして、ある程度の収入やステータスが必要な場合は特殊な教育歴を求められることもありますが、ボランティアで関わるのでなら、日本語ネイティブであり、教え方について勉強をした人であれば問題ありません。

教授法も直接法といって日本語だけで行うものがあります。



日本語教師をボランティアではなく、職業として意識しているのであれば、日本語教育能力認定試験の資格取得や420時間の養成講座を受講することをおすすめします。



働きながら履修できるところも数多くあるので、今現在、別の仕事に就いている方でもチャレンジ可能です。